エレガントかどうか

DSC_4787
エレガントな仕事がしたい。
今できているかどうかは別として、常に心がけている。
仕事のすきますきまにエレガンスを感じさせる仕事をするべきだ。
本質を理解しないと表面的な美しさをなぞるだけにとどまってしまう。
そこにこだわりがあれば、おそらく普遍的でユニバーサルな美しさを表現できると信じている。

例えばコードを書く時のインデントの仕方。
絶妙な行間。
佇まいを映し込む描写。
インスタントに使う人の動作に溶け込むインターフェイス。
心が踊るワークフロー。